ナンガ×アーバンリサーチ別注「オーロラダウンジャケット」のサイズ感やスペックをレビュー。

ここ数日は11月なのに夏日が続いていますね。

とはいえ今年の冬は寒くなるらしいので、冬支度も兼ねて久しぶりにダウンジャケットを購入しました。

これまでザ・ノース・フェイスの「マウンテンダウンジャケット」をかれこれ3年くらい使ってきたのですが、さすがに飽きてきたので、今回は以前から気になっていたナンガ×アーバンリサーチ別注の「オーロラダウンジャケット」を購入してみました。

マウンテンダウンジャケットとの比較や、サイズ感、スペック、コスパあたりをまとめようと思います。

結論から言うと買い方を間違えなければコスパ最高の着倒せる一着だと思います!

こんな人にオススメ
  • ナンガのダウンジャケットが気になる。

  • コスパのいいダウンジャケットを安く買いたい。

それでは行ってみよう。

>>マウンテンダウンジャケットの記事についてはこちら。

ナンガ×アーバンリサーチ別注「オーロラダウンジャケット」

購入したのはナンガとアーバンリサーチiDがコラボした別注のオーロラダウンジャケットになります。

なるべくシンプルなデザインのものを探していたのでブラックを購入しようと思ったのですが、探しているとインナーが渋いカモフラージュ柄になっているBlack ×Camoカラーを発見したのでそのモデルを購入しました。

ナンガ「オーロラダウンジャケット」のスペックはこんな感じです

  • 760FPのスパニッシュダックダウンを140g使用
  • 表地は防水・透湿・防風性を持つAURORA-TEX®︎
  • 総重量が780gでめちゃくちゃ軽い
  • ハンドウォーマー付きのポケットが全部で4箇所
  • すべてのジップが止水ジップで防水仕様

今回購入したダウンジャケットはアーバンリサーチiDの別注品であり、本家とは若干違いがありますがそこも見ながら詳しく書いていきます。

\2020年モデルはこちら/

\Camo柄はこちら/

ナンガ×アーバンリサーチ別注「オーロラダウンジャケット」のスペック

上で書いた特徴を詳しく見ていきます。

760FPのスパニッシュダックダウンを140g使用

まず1つ目ですが、ダウンジャケットを購入する上で最も大切と言っても過言ではない「使用されているダウンの暖かさと量」ですが、このナンガ別注の「オーロラダウンジャケット」には760FPのダウンが140g使用されています。

760FPってどんなもんやねんというところですが、ユニクロのウルトラライトダウンシリーズに使用されているダウンは640FP、僕が持っているマウンテンダウンジャケットには600FPのダウンが使用されています。

それを考えるとダウンとしてはかなり上質なものが使われていることがわかりますね。

さすがシュラフを専門に扱っているメーカーなだけあってクオリティにはこだわりを感じます。ちなみに裏地もシュラフメーカーだからかめちゃくちゃ肌触りがいいです。

ただし、本家のオーロラダウンジャケットに使用されているダウンの量は150gなので10gほどダウンの量が少ない点には注意が必要ですね。

ちなみにFPは「同じ量で比べた時にFPが高ければ高いほどダウンがよく膨らむ(=温かい)」ということを表すため、FP×ダウンの量で最終的な暖かさは決まります。

そのため、FPだけ見ればいいということでありません。

ざっと内側を広げてみると、140gでもこんな感じでかなりふかふかとした感じになってます。

表地は防水・透湿・防風性を持つAURORA-TEX®︎

2つ目は表地の素材についてです。

ナンガのオーロラダウンジャケットは表地が「AURORA-TEX®︎」というナンガ独自の素材で作られています。

AURORA-TEX®︎はナイロンをポリウレタン加工したもので防水性を備えており、耐水圧は20,000mmとなっています。

ゴアテックスを作っているゴア社によると、雨はどんなに強くてもせいぜい1,500mmくらいと言われており、20,000mmを超えるとよほど過酷な環境でなければ差はないとのことなので、相当高い数値だと言うことがわかります。

当然ですが、ナイロン製の表地には防風性や透湿性(6000g/m2/24hrs)も備えてあるので、しっかりと内部の蒸れも逃してくれて汗冷えのような心配もありません。

このように、冬に普段着として使うには十分過ぎるスペックですね!

多少の雨や雪程度ではなんともないでしょう。

総重量が780gでめちゃくちゃ軽い

3つ目はジャケットの重量についてです。

このオーロラダウンジャケットは重量が780gです。

冬のアウターはどうしても重くなりがちですが、そんな中でもかなり軽量ですね。

ザ・ノース・フェイスのマウンテンダウンジャケットは重さが1140gですから、その差はなんと360gです。

個人的にはこの差はかなり大きいと感じます。これだけ軽いとアウターなのにさっと羽織れるのがとてもいいです。

ちなみに、ユニクロのウルトラライトダウンジャケットは230g程度だそうなのでこれもめちゃくちゃ軽いですね。

これらの重量の差は、例えば表地で使われている繊維の太さの違い(マウンテンダウンジャケットだと70D、オーロラダウンジャケットだと40D、ウルトラライトダウンジャケットだと20D)や、防水透湿素材の違いによって変わってきます。

ハンドウォーマー付きポケットは全部で4箇所

4つ目はポケットについてです。

別注のオーロラダウンジャケットにはフロント部に4つのポケットがあります。

パッと見だと大きなポケットが左右に1つずつついているように見えますが、実はポケットの中心で区切られています。

いずれもフリース地になっており、手を突っ込んだ時に優しく温めてくれるようになっています。

特にポケットの下段はかなり容量があるため、手ぶらで出かける時にも結構な荷物が入りそうです。

だいたいこの辺がポケットです。

ちなみにインナーポケットはないので注意が必要ですね。

マウンテンダウンジャケットはインナーポケットもついています。また、本家のオーロラダウンジャケットに関しては両サイドに2つのポケットが付いており、胸にも1つポケットが付いています。

すべてのジップが止水ジップで防水仕様

最後にジップについてです。

このオーロラダウンジャケットは本家のものも含めてすべてのジップが止水ジップとなっています。

止水ジップは防水効果ももちろんですが、風を防ぐ機能も担ってくれるため、正面から風が吹いてきても冷えることがありません。

マウンテンダウンジャケットに関しては表にフラップもついていますので、よりしっかりガードしてくれますが、止水ジップであるおかげでこちらもしっかりと風を防いでくれる仕様になっています。

ナンガ×アーバンリサーチ別注「オーロラダウンジャケット」のサイズ感

身長177cm55kgでMサイズを購入しました。個人的なサイズ感としては本当にジャストといった感じです。

ダウンジャケットは体温でダウンが膨らむことで保温力を発揮してくれるので、なるべく肌に近いジャストサイズがおすすめだそうです。

中に厚手のパーカーやニットなどを着て上からアウターとして着たいような方にはワンサイズ上をオススメします。

着てみるとこんな感じです。

よく冷える腰回りまでしっかりとカバーしてくれていますね。ちなみにおしりの方は少し丈が長くなっているので前にかがむようなことがあっても風が入ってくるようなこともありません。

フードも大ぶりでしっかりと保温してくれます。

ちなみにナンガのロゴは内側に控えめについています。

ナンガ×アーバンリサーチ別注「オーロラダウンジャケット」の気に入った点

では、これらを踏まえて気に入った点をあげていこうと思います。

ざっとこんな感じです。

  • なんと言っても暖かい
  • 着心地がめちゃくちゃいい
  • コスパが半端じゃない

一つずつ書いていきます。

なんといっても暖かい

まずはいちばん大切な保温力ですね。

760FPのダウンを使っているだけあってかなり暖かいです。

マウンテンダウンジャケットに比べると使われているダウンの量は少なく感じますが、羽毛布団に包まれるような暖かさです。

腰やフード周りにもドローコードが付いており、隙間風が入ってくる心配もありません。

着心地がめちゃくちゃいい

着心地もめちゃくちゃいいです。

裏地の肌触りもさらさらしていて気持ちいいですが、何よりも軽いのが嬉しいです。

アウターが重いとそれだけで着るのが嫌になりますが、やはり軽いのは最高だなと改めて思いました。

また、ハードシェルのようなごわつきもないので動作も軽快です。

コスパが半端ない

コスパがめちゃくちゃいいです。

アウトドア系のダウンウエアだと安くても5万円〜、マウンテンダウンジャケットなら7万円近くしますが、このオーロラダウンジャケットは定価が38,500円です。

それなのに、防風・防水・透湿性があるハイスペックなところが驚きですね。

その時点でもう安いのですが、セールを組み合わせるとさらに1万円くらい安くなります。最後に安く購入する方法をまとめますのでよろしければご覧ください。

ナンガ×アーバンリサーチ別注「オーロラダウンジャケット」の気になった点

次に購入して気になった点です。

  • 肩周りのボリュームが少ない
  • 袖のベルクロ
  • 表地の耐久性

一つずつ見ていきますね。

肩周りのボリュームが少ない

まず着用して一番気になったのは肩周りのボリュームの少なさですね。

オーロラダウンジャケットにはマウンテンダウンジャケットのように肩の部分が補強されていたりせず、他の部分と同じナイロン地でダウンも特に多く詰められている感じがしません。

僕は普段バックパックを使うこともあって結構生地に負担が掛かりそうなのと、普通に着ていても少し冷えそうな感じがしたのは少し気になりました。

とはいえ、中にはしっかり760FPのダウンがパックされているのでそこまで心配しなくて良さそうです。

袖のベルクロ

袖口はベルクロになっています。

このベルクロが結構しっかりくっつくタイプのものなので、取り外しを繰り返すとだんだん剥がれていって接着が弱くなりそうなのは少し心配でした。

とはいえそこまで頻繁に付け外しするようなものでもないのであまり気にしなくても良さそうです。

表地の耐久性

このオーロラダウンジャケットに使われているナンガの「AURORA-TEX®︎」はポリウレタンによる防水加工がされているわけですが、ポリウレタンの性質上経年劣化は避けられません。

最近では、経年劣化を抑えたポリウレタンも開発されていますので、2〜3年でダメになってしまうことはないと思いますが、湿気の多い場所を避けて保管したほうが良さそうですね。

特に、クリーニングに出してビニールを掛けたまま保管しているというのはありがちですが、ビニールは湿気を通さないので一気に加水分解が進む可能性があるので注意が必要です。

ナンガ×アーバンリサーチ別注「オーロラダウンジャケット」を安く購入する方法

僕は楽天のアーバンリサーチで購入しました。定価から実質1万円引きくらいです。

Amazonなどのタイムセールを狙う方法もありますが、特に簡単にお得に買えそうな方法を書いておきますので参考になると嬉しいです。

楽天ファッションで購入する

まず初めに、一番オススメな楽天ファッションを利用する方法です。

実質1万円〜以上の割引で購入することが出来ます。

実際の購入履歴を見るとこんな感じです。

楽天カードを作る。

まず初めに、楽天で買い物をする際は必ず楽天カードを作るのがおすすめです。

楽天にはSPU(スーパーポイントアップ)というプログラムが有り、楽天のサービスを利用している割合が多ければ多いほどもらえるポイントが増えます。

楽天会員になれば誰でも+1倍ですが、楽天カードを持っているだけでさらに+2倍になります。

まだ持っていない人は年会費も無料ですし、タイミングを選べば加入するだけで8,000円分のポイントもらえるので是非作っておきましょう。

>>年会費無料の楽天カードの申し込みはこちら。

楽天ファッションで購入する

購入は楽天ファッションがおすすめです。しょっちゅう行われているスーパディール(ポイント20%〜還元)とクーポン(〜3000円)を組み合わせると、めちゃくちゃ安く購入することができます。

レビューを見ていると半額近くで購入できた人もいるそうです。

僕はなくなる前に購入したかったので、1万円程度の値下げで購入しましたが、今後クリスマスや年末年始のセールを狙うともっと安く購入することもできるかもしれません!

ちなみに今回はこれまでためたポイントとセール、クーポンを利用して6700円で購入して7600円のポイントを貰いました。何故か900円分くらい得している・・・。

クリスマスや年末年始で狙う人も早めにカードだけは作っておくことをおすすめします!

>>楽天でNANGAのダウンジャケットを探す。

アーバンリサーチオンラインストアで購入する

当然ですが、アーバンリサーチオンラインストアで購入できます。

ここでオススメしておきたいのが、無料で利用できる楽天リーベイツの登録です。

アーバンリサーチで購入するとアーバンリサーチのポイントを貯めることができますが、楽天リーベイツを通してアーバンリサーチで購入すると、さらに楽天ポイントも2.5%貯めることができてポイントが2重取りできるので、知っておくと損しなくてすみます。

楽天リーベイツはなんとアップルストアやその他多くのストアでもポイント還元が受けられるので、オンライン通販を賢く利用したい人は登録しておいたほうがいいと思います。

他にも対象となるサイトはたくさんあるので、自分が使うサイトがあるかどうかのチェックだけでもしておくのがいいかもしれません。

>>楽天リーベイツ公式サイトを見てみる。

ナンガ×アーバンリサーチ別注「オーロラダウンジャケット」はコスパ最高でおすすめのダウンです。

以上になります。

初めてダウンを買ってみようと思っている方、なるべくコスパのいいハイスペックなダウンを買いたい方、僕のように今まで違うダウンを着ていたけど飽きてきた、といった方には本当におすすめできるダウンジャケットだと思います。

特に暖かいのに軽いのは本当に嬉しいですね。

今年は寒くなるそうなので、ダウンを着れる日が来るのが待ち遠しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>ザ・ノース・フェイスのマウンテンダウンジャケットについての記事はこちら。

\2020年モデルはこちら/

\Camo柄はこちら/