THE NORTH FACEのマウンテンパーカーを2年使用した感想とレビュー

色々なアウターを購入してきた中でもTHE NORTH FACEのマウンテンパーカーの1つであるクラウドジャケットは、

  • GORE-TEX®を採用しており機能性が抜群
  • オールシーズン使用できる
  • アウトドアからタウンユースまで幅広く使用できる

と、個人的にとても理想に近いアウターで、かなりの頻度で使用しています。

そこで、今回はそんなクラウドジャケット2年ほど使用した感想とレビューをまとめました。THE NORTH FACEのマウンテンパーカーを購入しようか悩んでる方の参考になれば嬉しいです!

それでは行ってみよう!

セール情報
10/24の17時からスポーツオーソリティでセールが始まるそうです!THE NORTH FACEの製品も多く有るので会員登録がまだの方は必ず登録しておきましょう!

<スポーツオーソリティ>最大20%OFF!『会員さま特別セール』!

その他の最新の販売情報やセール情報はこちらの記事まとめました!

THE NORTH FACEの人気アイテムを取り扱っているショップまとめ。

THE NORTH FACE「クラウドジャケット」のスペック

THE NORTH FACEの公式によると

特徴
  • GORE-TEXPaclite2.5レイヤーを採用
  • フロントジップはダブルフラップになっている
  • フードは襟元で調節できる
  • シーズンを選ばず着用可能

とあります。クラウドジャケットのGore-Texは2.5レイヤー構造のものであり、非常に軽量となっています。

コンパクトに畳んでリュックの中に入れて持ち歩けるので携帯性はとても良い!

僕はタウンユースを想定してるので、2.5レイヤーによる生地の薄さや耐久性はまっっっったく気になりません。ちなみに軽いアウトドアなら余裕ですよ!

現在はDryzzle Jacketというレインウエアを使っていますがほぼ同じスペックでとても使いやすいです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

THE NORTH FACEのマウンテンパーカー「Dryzzle Jacket」が最高だから皆にオススメしたい

\クラウドジャケットはこちら/

Gore-Texの種類と選び方

実はTHE NORTH FACEのGORE-TEX®採用マウンテンパーカーには様々なタイプがあるのですが、その中でも採用されているGore-Texのタイプによって、想定される使用用途が大きく変わってきます。

Gore-Texのタイプは大きく分けると無印Gore-TexGore-TexPROGore-Tex Activeの3種類に分かれています。普段着から軽いアウトドア向けのプロダクトは無印Gore-Texタイプとされており、その中でさらにc-knitやpacliteなど、採用されているテクノロジー(主に裏地)の違いがあるわけです。

僕は普段のタウンユースがメインになるので、無印Gore-Texプロダクトを選ぶことにしました!

候補に上がった製品と決め手

それ以外に候補に上がったアイテムを紹介します。

1.オールマウンテンジャケット

まずはじめにオールマウンテンジャケット。これは70デニールのナイロンを用いた3レイヤーのマウンテンパーカーですね。

公式によると

特徴
  • GORE-TEXC-KNITバッカーを採用した3レイヤーの防水シェルジャケット
  • 表地は70デニールナイロンを採用
  • シーズンを選ばず着用可能

とあります!3レイヤーの無印Gore-Tex c-knitを採用しているモデルです。

これは性能的に文句なしのハイスペックなマウンテンパーカーだと思います。裏地がしっかりとしており着心地もとても良かったのですが、携帯性、普段の着回しやすさを考えて他と比べたときに重量がちょっと重かったです。Lサイズで490gです。

\オールマウンテンジャケットはこちら/

2.クライムベリーライトジャケット

次に候補に上がったのがこのクライムベリーライトジャケットです。これは13デニールナイロンを用いた3レイヤーのマウンテンパーカーです。

公式によると、

特徴
  • GORE-TEXC-KNITバッカーを採用した3レイヤーの防水シェルジャケット
  • 表地は13デニールリップストップナイロン
  • 当然止水ファスナーも搭載
  • 全体的に余裕のあるシルエットで様々なフィールドでの仕様を想定

ということですね!こちらも3レイヤーの無印Gore-Tex c-knitを採用しています。そしてなによりこのクライムベリーライトジャケットはLサイズでも250gと、オールマウンテンジャケットの半分の重量なのです。

かなり軽量でありながらしっかりとした作りではあったのですが、13Dという生地の薄さに若干の不安を覚え結局購入に至りませんでした。

\クライムベリーライトジャケットこちら/

3.結局クラウドジャケットに

長々と悩んだ結果、50デニールナイロンの無印Gore-Tex paclite2.5レイヤーの生地で、かつ重量がLサイズで320gと軽く、取り回しもいいクラウドジャケットにたどり着きました。

決め手は値段やデザインも有るのですが、最終的に普段着としてガシガシ気楽に着れるという点で最も自分に合っているなと思ったクラウドジャケットに決定しました!

\クラウドジャケットはこちら/

まとめ:THE NORTH FACEの初めてのマウンテンパーカーにはクラウドジャケットもおすすめです!

というわけで持っているクラウドジャケットについてまとめてみました。今のところ劣化もなく重宝していますので、これからマウンテンパーカーの購入を考えている人には、自信を持っておすすめできるジャケットです。

クラウドジャケットは、

  • 台風であっても1枚あれば濡れるのを防ぐことができる
  • 綺麗に折りたためば、カバンに仕舞うこともできる
  • シルエットにゆとりがあるのでインナーに何か着れば冬でも余裕で使える

と、僕にとってはまさにオールインワンの素晴らしいマウンテンパーカーです。

Gore-Texはいいぞ!

\クラウドジャケットはこちら/

【会員さま特別セール開催中!】SPORTS AUTHORITY(スポーツオーソリティ)

セール情報
10/24の17時からスポーツオーソリティでセールが始まるそうです!THE NORTH FACEの製品も多く有るので会員登録がまだの方は必ず登録しておきましょう!

<スポーツオーソリティ>最大20%OFF!『会員さま特別セール』!

その他の最新の販売情報やセール情報はこちらの記事まとめました!

THE NORTH FACEの人気アイテムを取り扱っているショップまとめ。

突然ですが傘って邪魔じゃないですか?

雨が降っているからと言って1日中使うわけでもないし、むしろ使わない時間がほとんどだし。それなのに、持っていないときに限って大雨に見舞われたりすると悲惨ですよね。どれくらい邪魔かというと思いつくだけでもこれくらいデメリットが出てきます。

  • 出かける時に荷物が増え、濡れた傘は周りにも迷惑
  • 雨が降らなかった日にはどこかに置き忘れ、そして誰かの手に渡る
  • いい傘を買ったとしても結構簡単に壊れる
  • 帰ったあと干し忘れたらめっちゃカビ臭くなる
  • 横からの雨に対して防御力皆無でなんやかんや結局全身が濡れる

こういうことが嫌で、なんとかして雨の日でも傘をささなくて済む方法を考えたときに、Gore-Tex性のマウンテンパーカーが一つの選択肢にりました。もちろん今でも折り畳み傘は持ち歩きますし、パーカーを着ててもリュックは濡れるので別に対策が必要なのですが、こういう高機能なアウターが1枚あると、憂鬱で仕方ない雨の日も少し楽しくなるような気がします。

台風の日でも下に着ているトップスが濡れないすごさは体験すると癖になりますよ!

>>THE NORTH FACEに関する記事一覧