マウンテンダウンジャケットは自宅で洗濯してもいいのか?

どうも、ダウンが固まってしまった問題を解決できて一安心な僕です。

マウンテンダウンジャケットを購入してそろそろ2年が経ちます。これまではシーズン終わりにクリーニングに出して自宅で保管していたのですが、つい先日取り出してみたところダウンが固まってしまっていました。

詳しくは以下の記事をどうぞ。

>>マウンテンダウンジャケットのダウンが固まったり偏ってしまった時の対処法。

なんとか解決したので良かったのですが、クリーニングに出しておけば安心というわけでもないということが分かり、今年は自分で洗濯してみようかなと思うようになりました。

そこで今回はマウンテンダウンジャケットを自宅で選択することは出来るのかどうかの準備編として調べたことをまとめたいと思います。

ちなみに結論から言うとクリーニングに出したほうが良さそうでした・・・!

それでは行ってみよう!

マウンテンダウンジャケットについてはこちらの記事をどうぞ。

THE NORTH FACEのマウンテンダウンジャケットをレビュー!即完売の人気の秘密は!?

マウンテンダウンジャケットの洗濯表示タグの中身

まずは何にしてもマウンテンダウンジャケットの洗濯時の取り扱いが書いてあるタグを見てみましょう。

ざっとこんな感じです。

それでは1つずつ見ていきましょう!

なお自宅での洗濯や保管は難しいけどクリーニングに行く時間が中々取れないというような方には、宅配クリーニングのサービスもおすすめです!

\宅配クリーニング付き保管サービスはこちら/

手洗い可能

まずはこちらのマークです。

こちらのマークは手洗いが可能であるということを示しています。ただし液体の温度は40度が限度とのことです。

漂白剤の使用禁止

次はこれですね。漂白禁止のマークです。

塩素系、酸素系どちらの漂白剤も使用することが出来ません。

乾燥機の取り扱いについて

3つ目のマークですがタンブル乾燥は禁止です。

ダウンをふくらませるためには十分に乾燥させる必要がありますがタンブル乾燥は禁止だそうです。

タンブル乾燥とは、洗濯機の中で洗濯物を回転させながら温風で乾燥させることです!

引用元:洗濯表示

自然乾燥のさせ方

乾燥はぬれ平干しが良いそうです。

ようは何かの台の上にダウンを横に広げて、手で絞ったり脱水にかけたりせず自然乾燥させるのがいいみたいですね!

つり干しは衣類をタテ、平干しは衣類をヨコ!と、線の向きでイメージしてください!
ぬれ干しとは、洗濯機による脱水や手でねじり絞りをしないで干すことです。

引用元:洗濯表示

アイロンは?

アイロン仕上げは禁止です!

マウンテンダウンジャケットにはGore-texが搭載されていますが、使用に伴ってその撥水性は徐々に失われてしまいます。撥水性を復活させる方法の一つにアイロンがけがありますが、それも洗濯表示では禁止になっています。

『NIKWAX』でゴアテックスのウエアを洗濯して撥水性が付復活するか試してみたよ!
ニクワックス NIKWAX ツインパック
created by Rinker

ドライクリーニング禁止

クリーニング時にドライクリーニングは禁止です。

ドライクリーニングとは、水の代わりに有機溶剤を使うクリーニングのことでこれを行ってしまうとダウンの表面の油分などが取り除かれてしまうので当然ドライクリーニングをすることは出来ませんね。

ドライクリーニングについてはこちらのページで解説されています。

参考 ドライクリーニングって?東京都クリーニング生活衛生同業組合

クリーニングの方法

最後にこちらの表示ですが、弱い操作によるウエットクリーニングが可能です。

ウエットクリーニングについてはこちらのページで解説されています。

参考 ウエットクリーニングについて洗濯・染み抜きドットコム

このページによると家庭での洗濯とそこまで大きな違いはないようですが、きちんとやろうとするとしっかりした技術が要求される難しい作業なようです。

マウンテンダウンジャケットを家庭で洗濯するときはどうしたらいいのか?

以上のことをまとめて家庭で洗濯する場合、

洗濯表示まとめ
  • ウエットクリーニングで優しく手洗いなら可能
  • 漂白剤やアイロン仕上げは出来ないので専用洗剤が必要
  • 洗濯後は平干しで自然乾燥させる必要あり

という形になりそうですね。

ウエットクリーニングについては先程のページでも書かれている通り家庭でのクリーニングと大きな違いはないようなのでなんとかなりそうです。

もちろんGore-Texダウンジャケット専用の洗剤がありますのでそれを使うようにすれば問題なさそうですね!

\ダウン専用洗剤はこちら/

問題はその後の乾燥ですね。

とくにダウンにとって湿気は大敵でそのせいで僕のマウンテンダウンジャケットのダウンも固まってしまっていたので、いかにしっかり乾燥させるかがポイントになりそうです。

ネットで調べてみると10分程度乾燥機を使うとふっくらすると書いてあったので乾燥機を使いたいところですが洗濯表示ではNGです。

もちろんジャケットを製造する側からすれば安易にOKとしてしまうと、そのせいで問題が起きた際に責任を負わなくてはならなくなってしまうのでかなり厳し目の基準であることは間違いないと思います。とはいえ乾燥機の使用は悩むところです。

まとめ:マウンテンダウンジャケットを洗濯するときは取り扱いに注意が必要そうです。

僕は購入してから2年が経とうとしています。

毎年クリーニングに出すのもお金がかかるので自宅で洗濯できればいいかなと思いいろいろ調べてみましたが、結論としては「出来なくはないけど、できることならクリーニングに出したほうが良さそう」という感じでした。

まあクリーニングも年に1度1シーズン着用してから出すだけなので、それでしっかりダウンジャケットがメンテナンスできるということを考えると安いものですね。

最近は宅配クリーニング付きの保管サービスもあるので、自宅洗濯と管理が難しい洋服は預けてみてもいいかもしれませんね!

取りに来てくれてクリーニングしたあと次のシーズンまでしっかり保管してくれるとか素晴らしすぎる・・・。

自宅のタンスのようなダウンが固まってしまう環境ではなく服にとって最適な空間でオフシーズンを過ごせるような方法も模索したいと思います。

>>冬物のお洋服を次の秋までお預かり【リネット保管】を見てみる。

そのほうがクローゼットのスペースも確保できるしね!

この記事が何かのお役に立てると嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

ダウンを自宅で洗濯する場合は必ず専用洗剤を使いましょう!

\ダウン専用洗剤はこちら/